関節の動きが低下、異音がする

周辺の筋肉の硬結や、関節構成組織に異変がある場合の症状です。

関連する組織を柔らかく解し、正常なバランスで働けるように治療することで症状を取り去ることが可能です。

動き始めや動いている最中、動き終えた後に痛む方

患部を動かさないのがベストですが、動かさなければいけないのであれば最大限痛みをやわらげたり、動きを補助して負荷を軽くする為のテーピングなどで緩和をはかります。
患部を固定しても生活は大丈夫なので、とにかく治療を優先したいという方には、患部に最適な保護を施します。

動いているときに痛む方

動かないのがベストですが、動かなければいけないのであれば最大限痛みをやわらげたり、動きを補助して負荷を軽くする為のテーピングなどで緩和をはかります。
患部を固定しても生活は大丈夫なので、とにかく治療を優先したいという方には、患部に最適な保護を施します。

他の疾患が患部に影響を及ぼしている方

非整形外科的疾患と患部の関係を理解していただき、代償作用や治療機器、テーピングなどの道具を用いた治療を受けられます。

動作しなくても痛む方、押さえると痛む方

体組織の一部が損傷していたり、炎症で体の内外部に腫脹が発生している可能性があります。冷却とテーピングによる除圧で痛みを抑え、超音波、電気治療で治癒反応の促進を図ります。場合によっては、固定などで日常的に積み重なる悪影響を少なくすることが必要となります。